土地活用のこれまで

窓から見えるマンション

マンション経営に成功するためには、これまでの土地活用の歴史について学ぶことも重要です。
特に不動産投資のトレンドは時代によって大きく変化してきたので、賃貸オーナーのこれまでの経験を学ぶことの意義も大きいのです。
特に戦後は貸家や木造アパートの形での賃貸経営が一般的でしたが、昭和30年代以降は次第にマンション経営が一般化するようになったのです。
その背景としては高度経済成長による土地価格の上昇があり、土地を有効に活用するために貸家や木造アパートの建て替えでマンションが選ばれるケースが増えたのです。
マンションであれば高層建築が可能であるので、地価がピークを迎えたバブル期には投資用のマンションが大量に建設されたのです。

マンション経営の将来性

バブル崩壊後は不動産価格が下落してきましたが、今後はオリンピックなどで経済が活性化するので、価格が再び上昇する可能性も大きいです。
したがってマンション経営は、家賃収入が目的である以外にも、インフレからの資産保全という目的もあるのです。
今後は人口の高齢化も進むので、若者や子育て世代だけではなくて、高齢者向けのマンション建設も盛んになることが予想されているのです。
特に高齢者は高付加価値サービスの充実した賃貸マンションを強く求めているのが特徴的です。
したがって高齢者向けのマンションを建設して賃貸経営を行うことで、常に満室が実現できるだけではなくて、平均相場よりも高い家賃を得られるメリットもあるのです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031